コンサルティングポリシー

sunlightのコンサルティングポリシー

色でメーカーさん販売店さんなど企業と消費者の関係性をよくするのが仕事です。

色は無言でさまざまな情報を人に伝えています。
5感のなかで、視覚情報は全体の89%を占めています。
スピード化・ビジュアル化の時代、ほとんどの人が「ぱっと見た目で」自分にとって必要なものか、欲しいものかを判断しています。

そして、消費が冷えているというものの、実は消費者は「買いたいもの、欲しいものがない」と嘆いているのです!
こんな時代に個人の感覚だけで色を決めてしまったら、本来の意図が伝わらず、色をつけた意味がありません。
要するに、商品力のあるものならば、企業と消費者のキャッチボールがうまくいけば、ちゃんと売れるのです。

色でメーカーさん販売店さんなど企業と消費者の関係性をよくするのが仕事です。

Sunlightでは、「モノゴトの本質」をより明確化をし、本当に伝えたい人に伝えたいメッセージを一番効果的な方法で訴えていく事を得意としてます。
たとえば、色彩の講座の受講生やOB、お取引先など様々なネットワークから得た情報と経験を通じて消費者の生の声を拾い、それを企業様にお伝えします。
常に今の消費者のニーズをキャッチし続け、どんなボールを投げたら一番効果的かわかっているSunlightだから、消費者の立場に立った、受けとりやすいボール(メッセージ)が効率よく投げられ、効果がでるのです。


なぜそこにその色か?「モノゴトの本質」を探り戦略を考えていきます。

色は付加価値です。「本来の価値」を明確にし、わかりやすく伝えるのがポイントです。
たとえば、誰にどんな価値をどうやって提供するのかなど戦略が明確であれば、色は比較的簡単に選べます。
(ここだけで済む話なら、カラープランニング料のみで承ります。)
そこが明確でない場合、ご一緒に「モノゴトの本質」を探り戦略を考えていきます。

そこまでしなければ、本当に「必要な色」が出てきません。
なぜそこにこだわるかといえば、 どうしてこれが世の中に必要かその価値が、作り手にわからなくては、他の誰にもわかりません。
ということは、イコール売れないということなのです。
なぜそこにその色か、それが言えない色付けはプロからみたら、それは付加価値の少ない「ただの塗り絵」でしかないのです。


流行色について「本質・個性」を表現することに主体を置き、変化を取り入れる形

名古屋という土地柄もありますが、Sunlightでは「個性」に焦点をあてて色彩計画をたてています。
こちらのクライアント様は、「一度色をつけたら長く使えるもので」とおっしゃる方が多いです。
私も流行を取り入れるのは好きですが、振り回されるのは嫌いなので、あくまで「本質・個性」を表現することに主体を置き、どこかに少し流行と変化を取り入れる形で気持ちよくお仕事させていただいております。


売れる色について ターゲットに向けて一番効果的な方法でシンプルに訴えていきます。

供給側と消費者の関係性をよくするのが私の一番の仕事です。
良いもの(商品・お店・人)をつくり、その情報を整理し、ターゲットに向けて一番効果的な方法で シンプルに投げかけていきます。
それがうまくいくと、消費者に喜んでいただけて、供給側もうれしい・・・という図式です。
この図がうまく描ければ、当然供給者は売り上げが付いてきます。二重の喜びです!

よく「結局何色にしたら売れるんだ!」と聞かれますが、これは業種や立地、ターゲット層、売り方などによって 全く個別な戦略の上にあるもので、一概に「これ」というわけにはいかないのが現実です。


総合コンサルティングとカラープランニング

モノを作って並べておけば売れる時代は終わりました・・・。 
売れるストーリーを作ってそれを色で表現します。
パッケージやレイアウトを変えるだけ(カラープランニング)でも売り上げは変わりますが、カンフル剤のようなものです。
色を選ぶ為の本質を探りマーケティング・カラー戦略などもあわせて承るのが、総合コンサルティングです。
(御社に必要な資料が用意されておりましたら、それを活用させていただき、売り方まで詳細にこだわってカラー戦略を考えプランニングをしていきます。)
  それらの事前資料が十分でないと、せっかくご依頼いただきましても十分な結果をお返しすることが
できない場合もございます。その場合は何が不足でどうすればよいかご連絡させていただきます。

総合コンサルティングとカラープランニング

また、「戦略は必要ないのでとりあえずこの場合、何色がいいか教えて欲しい」ということでしたら、 美的調和を第一にお客様のイメージを色と形で表現する、カラープランニングで対応させていただいております。
商品開発などチームでのお仕事の場合は、できれば企画の段階から参加させていただきますようお願いします。


他のページを見る

カラーマーケティングの実績 お問合せ・お申込み

カラーコンサルタント カラーアナリスト養成 【sunlight】